【副業】select(セレクト)は危険!?評判・評価は?

スマホを使った株式会社CLEAR(クリア)のSELECT(セレクト)は初心者向きです

しばらく使う予定のない、まとまったお金の運用のことで悩んだ経験はありませんか。
銀行に預けていても、利息よりもATM手数料の方が高かったりすることも。
低金利時代が長く続いている中、副業としても人気が高いのは株式会社CLEAR(クリア)のSELECT(セレクト)ですね。
雑誌やインターネットなどでも「億り人」の話題が出ることもしばしば。
記事を読んでみると「億り人」が行っている投資先は圧倒的に株式会社CLEAR(クリア)のSELECT(セレクト)なのです。
株式会社CLEARのSELECTを始めるために必要なのは運用資金ですが、ネット証券の普及によってその壁が低くなりました。
ネット証券は、店舗型証券と比較して売買手数料が安いです。
さらに株取引初心者でも取引しやすい単元未満の株も取り扱っているのです。
スマホ片手に取引できるので、サラリーマンの副業としても人気があります。
株式会社CLEARのSELECTを始めるにあたって重要なポイントは証券会社選びですね。
証券会社は野村証券をはじめとした店舗型とauカブドットコム証券などのネット系に大分されます。
可能であれば、店舗型証券とネット系証券の両方を開設しておくと良いです。
株式会社CLEARのSELECTと言っても、投資対象は幅広く日経平均株価に連動する商品もあれば個別株式もあります。
国内だけでなく海外にも投資できるので実に奥深い。
次に各証券会社のメリットとデメリットについて解説します。
店舗型証券のメリットは、担当者が居て投資方針について相談できる点です。
専門的な知識があるので、アドバイスを聞くことで投資のヒントになるのです。
もう一つの大きなメリットは、新規公開株式に強い点。
俗に言われているIPOです。
IPOは投資家にとってお祭り的な要素もあるビッグイベントで初値が公開価格の2倍以上になることも珍しくはありません。
そして新規公開株は大手の店舗型証券会社に多く割当される傾向があります。
そのためIPO投資をやってみたい方は、店舗型証券会社の開設は必須です。
メリットが多い店舗型証券会社ですが、デメリットも。
最大のデメリットは、店舗を抱えているため売買手数料が高い点。
約定金額が大きいと手数料が1万円を超えることも。
もう一つのデメリットは担当者からセールスの電話やメールが来ることです。
断ることが苦手な方は要注意ですね。
次にネット証券会社のメリットについて解説します。
売買手数料が安いのが大きい。
取引頻度が多い方にとっては、手数料がバカにならないのです。
できる限り手数料は抑えたいものですね。
スマホでも取引でき何かと便利なネット証券ですが、デメリットも。
店舗型証券と比べて裁量が弱い。
そのため、IPOの抽選に当たらなくて投資チャンスを逃してしまうこともしばしば。
証券会社選びは株式会社CLEAR(山田秀樹)のSELECT(セレクト)に欠かせない重要なポイントですので、取引スタイルに合いそうな証券会社を選んでください。